四季それぞれの良さあるけど、あまり寒いのは好きではない

日本に住んで入れば当たり前のことかもしれませんが、四季というものにはそれぞれの良さがありますよね。
もちろん、厳しい寒さに襲われるような冬にも、冬の魅力というものがあります。
冬の朝の凜と張り詰めた空気や、雪を纏った富士山の壮大な姿、世界を真っ白に染める雪の降る景色…
季節の変化を感じるのも良いものだし、冬から春に向けて空気中に満ちる新しい生命の息吹には、感動すら覚えることがあります。
それぞれの季節がはっきりと違う特色のある地域というのは、世界を見て見るとそれほど多くないんだそうです。
でも、そんな四季折々の美しさも素晴らしいものだとは思いますが、残念なことに私は寒いのがあまり好きではありません。
というよりも、寒いから厚着をしたりするのがいやで、できれば年中軽装でいたいと思っているのです。
特に冬は家や職場の中では暖房を使っていて、あったかい部屋でぬくぬくと過ごしていますよね。
なので、外に出かけたりするときに、服を着替えたり、コートを着たりするというのが、ちょっと煩わしいと思ってしまうんですよね。

四季それぞれの良さあるけど、あまり寒いのは好きではない