私が大好きな父親が作る冷し中華のこだわりの食べ方

夏になると、なぜか食べたくなる冷やし中華の中でも、特に私は父親が作る冷やし中華が大好きです。 スーパーで販売されている1袋3人前の冷やし中華のうち、私が2人前食べてしまうと、驚いた父親は目を白黒させています。 そんな冷やし中華が大好きな私には、ついているスープの使い方にポイントがあるこだわりの食べ方があります。

幼少の頃、私はからしやわさびが苦手でしたが、現在では鼻に「ツーン」とくるからしなどが大好きになり、冷やし中華につけるからしの量も皿に多めに入れています。 私がこだわっている食べ方は、スープにからしを混ぜ、辛さを薄め、冷やし中華全体の味をマイルドにして食べることです。 父親が作ってくれた冷やし中華が運ばれてくると、私は皿に多めに入れたからしをスープに混ぜ、食べやすい辛さに調整しています。 しかし、辛い食べ物が平気な方でも、からしを入れ過ぎると、辛さで唇が痺れてしまうことがあり、注意する必要があります。

この先も私は、夏限定の冷やし中華を食べ続け、暑い夏を元気に乗り切っていきます。ベルタ酵素 どこに売ってる

私が大好きな父親が作る冷し中華のこだわりの食べ方